ギターの種類

ギターを弾いてみたいけど、自分には無理じゃないかな?
って思っていませんか?

ギターに限らず何でも同じですが、アマチュアでも一流を目指すならセンスも必要だろうし、むちゃくちゃの努力も必要でしょう。
それでもそのレベルに行けるかどうか(^_^;

いやいや、「ギターでちょっと弾き語りをしてみたい」ってくらいでしたら、十分に行けますよ!(^^)v

とりあえず、挑戦してみませんか?!

そのために、ギターのことを少し紹介しましょう。

まずは、ギターの種類です。
エレキギター、フォークギター、ベースギターとか聞きますよね。
その違いは、

●エレキギター
アンプを通さないとシャンシャンとしか聞こえないので、アンプを通して使うのがエレキギターです。




●アコースティックギター

昔は、フォークギターと言っていましたが、今はアコースティックギターまたは略してアコギと呼ばれています。
アンプを通さなくても十分な音が出るので、街角でギター1本でやってる人たちは、このギターですね。
私も、このアコギ党でして、タイトル通りこのアコギを中心にブログは進みます〜(^^)v




●ベースギター

ボンボンと低音域をカバーするのがベースギターです。
上のギターと最も違うのが「弦」の数です。
ギターが「6弦」ベースが「4弦」(5弦もありますが、通常4弦です)
弦の太さも、ギターに比べてメチャメチャ太いですよ〜!!


非常に大雑把に区別するとこんな感じですね〜(o^ ^o)

この分類から、デザイン、構造、材質等によって色々な分類されていきます。

弾き語りを目指すならアコースティックギターです!
音だしに特にアンプとかいらないので、ギターさえあればいつでもどこでも、
ボロ〜ンと楽しめますよ〜!


●豆知識の関連リンクはこちら

●ギター@ギターを投げ出さない方法?

●ギター@最初に選ぶギターのタイプ

●ギター@始めるために ギターの種類

●ギター@アコースティックギターの種類

●ギター@アコースティックギター各部の名称

役にたったと思ったら↓クリックよろしくね!(^^)v
banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック