ギター@5万円〜10万円くらいのギター

このくらいのクラスになると、十分に満足できるギターが現れてきますね〜(o^ ^o)
ハードケースも付いているタイプも増えてきますね。

海外メーカーのモノも出てきますね〜!!


◆GUILD〈ギルド〉アコースティックギターGAD-40CE

ギルドは、昔「マーティン」「ギブソン」と並んで3大メーカーとして言われていましたが、90年代にフェンダー社の傘下に入ってしまいましたが、私の愛器はギルドで大好きな音を奏でてくれます(^^)v
これは、エレアコですね。



◆HEADWAYユニバースアコースティックギター
HCF-500RC ハードケース付き!!

ローズウッドSIDE&BACK、イングルマン・スプルースTOPのオール単板カッタウェイ・シェイプ。
ローズウッドの単板材が奏でる力強く繊細な音色とカッタウェイシェイプの高い演奏性を実現しました。
オールソリッドボディーの上質な音色をお楽しみ下さい。
フィンガースタイルにもばっちりです!!



◆GARRISON ギャリソン G-40
ハードケース付きです。

ギャリソンってあまり聞かなかったのですが、知り合いが持ってまして結構鳴ってました。
オーソドックスな形が好きな方には、選択肢の一つに加えてもらっていいかと思います。

革新的な骨組みを持ったアコースティックギター
バズ・フェイトン・チューニングシステムを搭載。
ボディトップにはグロスフィニッシュのイングルマン・スプルース単板、
サイドとバックにはサテンフィニッシュのマホガニー単板を、そして指板とブリッジに
ローズウッドを使用したアコースティックギターです。



◆ヤマハ Yamaha LL16

ヤマハのジャンボタイプは、私の愛器と同じですね〜
私の愛器は、1974年より少し前のタイプですが形状はよく似てます(^^)v

1974年に登場して30周年。ヤマハアコースティックギターの高級モデルとして多くのギタリストに愛され続けてきた伝統の「Lシリーズ」がラインナップを一新します。
新しい「Lシリーズ」は、最高級の手工モデル「LL86 CUSTOM」を頂点に、6つのグレードをラインナップ。



◆Takamine エレアコ PTU-111-12

今回初めて紹介の12弦ギターですね。
ネックが太いの弾きにくいから初心者の方にはお勧めできませんが(^_^;

12弦アコースティックギター
タカミネ・エレアコのベーシックスタイル100シリーズ。
スティール弦の全モデルに630mmショートスケールを採用。
各フレット間の距離が近くなる事に加え弦のテンションも若干軽減され、コンパクトな
ボディと併せて、優れたプレイアビリティーを提供します。



◆Takamine≪タカミネ≫PTU-510
エレアコ

アコースティックギターのデザインに新たな方向性を切り開いたサンタフェ・シリーズに採用されて以来、国内外を問わず多くのギタリストに支持されているタカミネ・オリジナルのボディスタイルを持つ500シリーズ。



◆ OVATION オベーション エレアコ CC28

このあたりになると、オベーションも出てきますね〜(o^ ^o)
友人のオベーションは、アンプを通すと凄い音を出します!
オベーションは、その良いイメージがあります(^^)v

オベーション・セレブリティーモデル!
アバロン貝のサウンドホール・インレイ&ポジションマークが、高級感溢れるルックスに仕上がっています。
スーパー・シャロウ・ボディーでハウリングにも強く、操作性も抜群です。



◆K.Yairi ヤイリ AY-45

S.ヤイリと混同しそうですが、違うメーカーとして考えてくださいね。
K.ヤイリはこのあたりから出てきます(^^)v

アコースティックギターの入門モデルとしてお勧めのAY-45はK.ヤイリのU.S.AブランドAlvarez Yairiのモデルで、国産アコースティックギターの代表的存在であるK.ヤイリのマインドがそのまま生きるコストパフォーマンスに優れたお買い得なモデルです。K.ヤイリの期限無しの保証は、まさにユーザー思いのクラフトマンシップの証です。



◆S.YAIRI ヤイリアコースティックギターYO90

こちらが、S.ヤイリです。K.ヤイリと社長どうしは兄弟のようですね。
しかし、ギターレベルは、K.ヤイリが上でしょうね(^_^;



◆ESP BambooInn

Char氏がプロデュースした"すべての音楽人のために"のギターです。
デザイン的に面白いですね〜!!
品番末尾
「C」はスチール弦仕様 (フォークギター)
「K」ナイロン弦仕様 (クラシックギター)  




banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29672403