ギター@音の上げ下げはカポタスト

カラオケで、オリジナルキーじゃ音が高くて唄えない!
男性の唄は、音が低くて唄えない!
そんな時、半音下げて、上げてとかで音程の調整をしませんか??
ギターで音程調整をするのがカポタストです。
通常略して「カポ」って言ってますね。


カポは、フレットに挟み込んで使います。
例えば、オリジナルが「C(ド)」で2フレットにカポをして「C」コードを押さえると「D(レ)」の音、1音上がるわけですね(o^ ^o)


だから、カポがあれば簡単なコードのまま、曲の音の調整ができるので、重宝しますよ〜!!
ぜひ一つは用意しておきましょう!
カポで音が違うとバンジョーの弾き語りの北村謙さん(http://www.officeken.net/)に言われていました。2000円前後のモノを選ぶといいかと思います(^^)v



◆Dunlop C4 カポタスト

・アルミニウムの美しいフォルムからも想像できる通り、
 驚くほど軽量でスムーズなレバー操作を実現しました。

・高度な設計技術により親指1本でもネジを調整可能。
・アジャストも素早く、正確に出来ます。



◆PLANET WAVES NS Capo [PW-CP-02]

数々の画期的な商品を送り出してきた工業デザイナーNed Steinberger氏とのコラボレーションによって誕生したNSカポ
超軽量で流麗なデザイン、ワンハンドで素早い脱着と高い精度が特長です。
非常にスムーズで質の高いスクリューで締め付けることで、ビビリのないクリアなサウンドと完璧なピッチが実現します
軽量アルミニウムを使用しているため、使用中もネックの重量増加による違和感がありません。



◆SHUBB シャブカポ C-1B

SHUBBカポオリジナルは1980年の発売と同時にカポのスタンダードとなりました。
そして今では世界の100万人以上のミュージシャンに愛用していただいています。
シャブカポを1度使うと他のものを使わなくなる理由・・・
それは独創的なデザインだけでなく、パテント取得のロック機構にあるでしょう。
使いやすさと精密さ及び速さは他に類を見ません。
さらに専用設計されたゴムはやわらかく弾力性があり、まるで指先のようです。
カポの押さえる力に弦がベンドされ、チューニングが狂うようなこともありません。



◆KYSER カポタスト KG6S

ワンタッチで脱着可能なシンプルで安定性抜群のカポです。
最近ではかなりユーザーが増えてきたと思います。
どれにしようか迷った時はとりあえずカイザーカポです!




◆JimDunlop TRIGGER CAPOS

私は、これを使っています。
ワンタッチタイプが簡単装着で、音も狂いにくいからいいように思いますよ。

ワンタッチで弦を確実に押さえるTrigger Capoはアコースティックのみならず多くのギタリストに愛用されている世界定番のカポタストです。高品質のアルミニウムで製造されており、5種類のフィニッシュからお選びいただけます。





FENDERカポタスト SPRING CAPO




Kyser カポタスト KPA




Ohashi カポタスト(フォーク用) GC-5F





S.Yairi ゴムカポ・シングル

私も一つ持ってます。昔から変わらないですね。
ちなみに新しく買ってみたのがゴムが切れて、
20数年前のが生き残ってます( ̄∀ ̄;)汗




banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのTrackBack URL
http://blog.seesaa.jp/tb/29861220