ギター@アコギ用アンプ

最近エレアコが増えてきて、アコースティックギター用のギターアンプを使う機会が増えてきました。
ちょっとした所で演奏する場合にとっても便利ですよ。

もちろん、エレキと違って普段に家で練習の時にはなくても大丈夫ですが、貸しスタジオにアコギ用のアンプがない場合等、ちゃんとしたアコギの音を出すためには持ち込みたいですよね。

私は、ボランティアでギターを弾く時や喫茶店でライブをする時、スタジオにアコギ用アンプがない時等に持ち込んでます。
タイプによっては、路上でも使えるのがあったりしますね。

アコギを演る方は、ぜひ1台用意してみてはいかがですか??
エレキ用のアンプを使うと、せっかくのギターが泣きますよ〜(o^ ^o)


アンプの大きさの目安は、1W1名計算ですね(o^ ^o)
25W=25人くらいのスペースでなら十分ってことですね。
100W=100人入るくらいの会場で使えるということですから、結構広い会場でもOKですね。
ギターを弾く環境に合わせて選ぶといいですね。




●Marshall ギターアンプ AS100D

ギターアンプで超有名なマーシャルですね。
私は、これの小さいタイプを使っていますが、やっぱいい音しますよ〜!!

マーシャルのASシリーズ最高級モデル。
4chのインプットジャックを持ち、1chはギター専用、2chはギターに加えバランスドXLRコネクタを装備、ボーカルアンプとして使用可能。

3chはマイクロフォン専用チャンネルで内部及び外部エフェクト・レベル調整機能を持ったボーカル専用チャンネル。

4chはAUXステレオインプット端子で外部音源(CD、リズムマシーン等)を接続して弾き語りのバックなどとして利用可能。




●LANEY【レイニー】アコースティックギターアンプLA30C

・クリアで伸びのある高域と量感豊かな中低域が、アコースティックギター本来の響きを忠実に再現。美しく自然なサウンドが得られます。
・ギター/マイクの2チャンネル構成で、音楽プレイヤ等を接続できるライン入力端子も備えています。
・独特な深みのある響きが得られるスプリングリバーブや自然な音の広がりを演出するコーラスが、サウンドに奥行きを与えます。LA65Cは2基の中低域用スピーカーを搭載。
・スピーカーは2-Way構成で、アコースティックギターの豊かな響きを忠実に再現。 
LA30Cは1基、LA65Cは2基の中低域用スピーカーを搭載しています。
・LA65Cはアンチフィードバック回路や位相反転スイッチを備えており、ハウリングを効果的に防ぎます。
・LA30Cはインサート入力端子やライン出力端子を搭載。LA65Cはダイレクト出力端子や外部スピーカー出力端子、ヘッドフォン出力端子を備えています。





●ROLAND【ローランド】アコースティックギターアンプ AC-60

ローランドは、キーボード等で有名ですよね〜!
アコースティックギター専用に開発された小型・高性能のステレオ・モニター・アンプです。
60W




●AER BINGO II

AERも非常に有名なメーカーですね。小型なのがいいですね〜!

AC-60は、アコースティックギター専用に開発された小型・高性能のステレオ・モニター・アンプです。アコースティックギターの豊かな響きを忠実に再現。
ナチュラルで心地よいサウンドを再生します。2ch構成でマイク入力も可能ですので、コンパクトなモニター・システムとしても使用できます。




●BEHRINGER ACX1000アコースティックギターアンプ

べリンガーは、ミキサー、マイク、モニタ等々色々な機器を揃えていて、価格的にも安いっていうのがありがたいメーカーです。
品質的にも決して悪くはないですよ。
私は、ミキサー、ダイレクトボックス、一部マイク等で使っているメーカーです。(o^ ^o)
ULTRACOUSTIC ACX1000:究極のアコースティックサウンド この ACX1000 は、 BEHRINGERが自信を持ってお届けする真に画期的なアコースティック楽器用アンプです。
この一台は、あなたのアコースティックギターに、あらゆるミックスでもラウドなバンド演奏の中でもその存在感を一際輝かせるカッティングパワーを提供するだけでなく、稀にみる柔軟なボイスオプションをも備えつけています。
また、ULTRACOUSTIC には、アコースティック楽器を念頭に置いて丹念にプログラムされた 24-bit ステレオデジタルマルチエフェクトユニットが内蔵されており、リバーブ/ディレイ/ロータリースピーカー/コーラス/フランジャー/ステレオパン/トレモロといった 24 種のアルゴリズムはもちろん、これらを多種多様に組合わせての使用も可能となっています。
編集可能な 99 種のプリセットのうちの4つは、クイックフロントパネルやフットスイッチで簡単にアサインすることが出来ます。



アコースティックギターに使うなら、アンプはアコギ用にしましょう。



banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック