ギター@ダイレクトボックス



ダイレクトボックスとは、すべての楽器がミキサーに直接接続できるように作られているわけではないので、ギターとミキサー等の間にセットして、アンバランスの信号をバランスに変換し、インピーダンス整合の上ミキサーへ送る機器です。
簡単に言えば、音をバランス良く出すための機器です。
愛器の音を十分に表現するためには、ほしい機材ですね(o^ ^o)


Boss ダイレクトボックス DI-1

ローランドのダイレクトボックスの定番ですね。

楽器からの出力をミキサー入力に対応する低インピーダンスXLRコネクターへ変換 
3段階アッテネーター・スイッチやオート・パワー・オフなど、多機能な装備で幅広く活躍します。



◆BEHRINGER ADI21

手軽に買えるアコギ専用のダイレクトボックスです。
チューブアンプのような自然な暖かみと存在感を感じさせる音を手軽に実現出来ます。フィードバックを的確に抑制し、ピエゾタイプピックアップのハーモニクスを除去するスウィープ可能なミッドレンジを備えた3バンド EQ を内蔵。
細かな音づくりが可能です。
私も使っていますが、十分満足していますね(o^ ^o)



◆BEHRINGER DI-20

1台で2本のギターがつなげる便利なタイプです。特にアコギ用ではないので、できれば「BEHRINGER ADI21」を使った方がいいかな?
ギターやベースにみられるアンバランス型の高インピーダンス出力からの信号を、
直接ミキサーやレコーディングシステムに取り出すことができる革新的な 2 チャンネル DI ボックス/スプリッターです。



◆アコースティック・プロセッサー

ダイレクトボックスと言うよりも、音の調整全般ができるタイプですね。
友人が持っていますが、かなり幅広く使えます!
私レベルでは、当分いらないかな(^_^;

http://www.roland.co.jp/BOSS/products/ADseries.html


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック