ギター@シールドケーブルについて



さてさて、今回はシールドケーブル(略してシールド)です。
シールドは、ギターとアンプをつなぐコードのことですね〜

シールドも価格的に幅広くあります。

価格の違いは、
1.シールドの長さが違う!
  同じシールドなら長いのが高くて、短いのが安い!当たり前ですね(^_^;
2.中の銅線などの状態によっても違ってくるようですね。
  高いシールドは、ギターの音を無駄なく、ノイズなくアンプに届くといわれています。
 
私にはほとんど違いがわかりません( ̄∀ ̄;)汗

ただ、細い、太いも差もあるようですね。
それと、高いシールドは、プラグ部分(差込み部分)の接触不良になりにくいように思います。
シールドのモンだいでアンプから雑音が出たりするので、値段が安いだけで選ばない方が結果的に得かもですね。

ステージでは、結構シールドを踏んだり、ひっぱったりするので結構傷みやすいですからね。

アコギの場合は、座って弾くことが多い、ステージを走り回らないってことで、傷みにくいとは思いますが…

さて、シールドの長さですが、長い方がいいように思いますが、普通5m以下でいいかと思います。
長すぎると、結構邪魔になりますよね〜!(o^ ^o)

シールドの長さを自由に決められる、ショップによってもありますが、
既製品の場合:同じタイプでも長さが違う場合が多いので、長さをちゃんと確認して間違いがないようにしましょう!


◆MONSTER CABLE Prolink JAZZ S/L(3.65m・6.4m)

セミアコフルアコアコースティックギター等の暖かみのあるナチュラルトーンの再生に適したケーブルです。
極めてフラットな特性でギター本体の鳴り、微妙なピッキングニュアンス等をそのまま再生します。
2Wayタイムコレクト構造の芯線を2本使用した方向性ケーブルです。
高い密度のシールドとバランス構造を採用する事で、あらゆるノイズからジャジーなサウンドを守ります。



◆Pro-co Sir Tweed Guitar Cable TWL-23 (7m S/L)

サー・ツイード は素晴らしいルックスと最高のサウンドクォリティを提供します。
高純度銅採用の41線20ゲージのInner Conductorはクリーンで歯切れが良く、歪みの少ないサウンドを実現。
高密度編組シールドのCopper Braided Shield は電磁波ノイズを防ぎ最上級の電導率を得ています
。Nylon Overbraid はナイロン素材で柔軟性が高く、酷使に耐えます。



◆DiMarzio(ディマジオ) シールドケーブル EP1715SR 5.4m

目立つ、識別が容易、などの理由により人気のカラーバリエーション・ケーブル。
ディマジオの、カラフルなカラーバリエーションが魅力のナイロン・オーバー・ジャケットは、それ自体でケーブルを保護し耐久性を向上させます。
ケーブル本来のクオリティに関しても、豊富なデータと経験により厳選された部材を調達し、一本一本ハンドメイドで製作しています。



◆CBI HIGH TONE 2m S-S ギター用シールドケーブル

シャープな立ち上がりと芯の有るマイルドなサスティンが特徴で、シングルコイルとの相性GOOD!

100% Made in U.S.A.マテリアルの骨太ケーブル!!多分野に渡って世界的に高い信頼を得ている米ベルデン社の線材と、アメリカで1/4"(標準)プラグを専門に製作しているG&H社の"SHOWSAVERS"プラグを使用。さらに独自製法により従来のスチールプラグの4倍、ブラスプラグの8倍の導電効率を実現!



banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック