ギター@値段と品質の目安

ギターの値段は、ピンからキリまで様々です。

安いものでは、1万円を切るものもたくさんあるし、高いものでは100万円を超えるものもありますからね。

さて、そんな中でどのくらいのグレードを選べばいいのかと言う事になります。
ギターを始めるのにいっきにグレードの高い(高額)ギターを選ぶわけにはいかないですよね(^_^;

だって、づ〜と弾き続けるかどうか不安な状態で中々購入できないですよね(^_^;

それに扱い方が不慣れ、弾き方が不慣れっていうことになると、かなりギターに傷がつくことも考えられますね。

ギターは道具だ!オレは気にしない!って方は別でしょうが…
実際、プロのギターはボロボロのものも少なくないですからね〜(^_^;

でも、値段の高いギターは、弾きやすいし、音はいいし、状態がいいですよね。
私は、グレードもそこそこで、気軽に弾けるようなタイプを購入することをお勧めしますね。

1.毎日弾くために、ある程度外にだしたままでも気にならないギター

2.多少の傷がついても、気にならないギター

高額なギターは、毎日出して弾くとなると、かなりプレッシャーを感じたりしますから、ついつい弾く回数が減るってことになりかねません(^_^;
↑私がそうでした…( ̄∀ ̄;)汗

一応、価格と特長を簡単に紹介しておきます。


●2万円以下のギター

韓国&台湾製のものがほとんどで、「作り」も少し荒いものが多いようです。
演奏に問題はありませんが音や作りは価格相応です。
ペグ等も安価な製品が使われるために、弾いた時に音がよく狂ったりすることがあります。


●2万円〜5万円くらいのギター

2万円以下のものに比べて色&形も豊富で日本のメーカーのビギナーズ・モデルやカナダ製のギターもこの価格帯に入ってきます。
これからギターを始めようという初心者の方はこのクラスの中から状態の良い、気に入ったギターを見つけるとよいいと思いますよ。
そして、腕が上がってきたら、グレードを上げた1本を手に入れて、このギターは練習用として使うことができますね〜(^^)v


●5万円〜15万円くらいのギター

日本製のギターの中堅クラスにあたりますが、10万円あたりを境に、トップやバック、サイド等オール単板のモデルもでてきますよ。
ギターの“作り”も丁寧で“音”も十分良い音になってきます。
予算に余裕のある人はこのクラスから選ぶといいですね〜!
いいもの、気に入ったものは、づ〜と長く付き合っても飽きないでどんどん愛着が生まれてきますよ〜!!


●15万円〜30万円くらいのギター

ここらからはマーティンギブソンなどの超有名メーカーのギターも含まれてきます。
国内外のハンド・メイド・ギターも含まれてきます。
“音”も“作り(状態)”も申し分ないので自分の気に入ったものを素直に購入して良いでしょう。
一生モノになってきますね。
このくらいのギターから、経年のギターでも値段が落ちにくくなりますよね。


●30万円以上のギター

ハンド・メイド(手作り)の高級ギターの領域です。
いわゆる“一生モノ”ですね。
最高の音色と満足感を手に入れることができます。
どのギターを選ぶか?
もほとんど各人の“好み”のみになりますので、しっかり試奏して納得のいくギターを探してください。

私としては、2万円以下のギターはできれば避けていただきたいですね。
友人がギターを始める際に購入したのですが、ペグの問題、音質の問題、弾きにくさ等々ありました。
価格からするとしかたないのですが、せっかくなら2〜5万円のギターまでランクを上げてもらいたいですね(^_^;


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

ギター@2万円以下のギター

2万円以下のギターでも、私の知っているメーカーを選んでみました。

いずれにしても少し弾けるようになれば、もっと良いギターがほしくなるとは思いますが、いつやめてしまうかわからないよ〜!!
って方には、このクラスからはじめても十分かも知れませんね(^_^;

基本的には、名の知れた上位機種を作っているメーカーがよいかとは思います。


◆Sヤイリ YD-36-N S.Yairi

ローズウッドのメリハリのある音色が特徴。



◆YAMAHAアコースティックギターパック F39PJ

ギターに必要なアクセサリーをひとつにパッケージしたセットです。
全く初めての方には、一応何でも揃っているようなので便利かもしれませんね。
【セット内容】
・ギター本体(F39PJ)
・ソフトケース
・チューナーYT100 *写真のものとは異なります。
・ストラップ
・カポタスト
・ワインダー
・スペア弦(1セット)
・ピック(1枚)



◆TAKAMINE T-F2/TBS

タカミネブランドのエントリーアコースティックギター
やや小振りなフォークサイズで取り扱いやすいのも特徴です。
ギター本体の他、
・ケース
・ストラップ
・クロス
・音叉
・弦
・ピック
・カポをお付けいたします。



◆LEGEND レジェンド FG-20 BK

1万円を切るタイプです。色の種類はいくつかあるようです。



◆S.ヤイリアコースティックギター
S.yairi YM-16/Natural


大人気!ミニギターです!
普通のサイズからちょっと小さくなったミニサイズのギターです。
ミニギターですが普通に弾けるクオリティーのよさが魅力です。
価格も非常にお求めやすい価格になってます
どこにでも持っていけるかわいいミニギター



◆HEADWAYユニバースアコースティックギター HCD-18SB

初心者におすすめ!この価格でこんな良い音出ちゃうんです!



◆モーリス アコースティックギター L-A1

手軽に持ち歩けるコンパクトサイズながら、決して侮ることのできない本格的な実力の持ち主。
「使えるミニギター」を開発コンセプトに据え、他のモーリスギターと同じく、伸びやかな音や豊かな表現力など基本品質に徹底的にこだわりました。
ナチュラル、タバコサンバースト、チェリーサンバースト、3つのカラーバリエーションから選べます。




banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

ギター@2万円〜5万円くらいのギター

2万円と5万円とでは、かなりレベルが違ってきますね。

種類も多いので選ぶのが大変なくらい色々な種類がありますね。

5万円近くのクラスになると、ハードケース付きのギターやエレアコ、セミアコ等も出てきます。できれば、この辺りのクラスから始めたいものですね(o^ ^o)

ちなみにハードケースは、8000円〜20000円くらいしますから、別売りの場合はハードケース代がプラスされますね。
かと言って、50000円前後のギターをソフトケースに入れて歩くっていうのはもったいない…(^_^;


◆タカミネ アコースティックギター SAX-06

タカミネは、このクラスのギターでも良い音がしますね。
知人も使っていますが、いいギターだと思います。

タカミネオリジナルシェイプであるSAXシリーズにはSADシリーズと同じブレーシングスタイルを用いることで、アコースティックギター本来の持つ豊かな鳴りと音量を引き出しています。
大きさを感じさせないデザインから男女を問わず多くのプロ・ギタリストから支持を得ています。
タカミネの定番となったSAXシリーズで新しいプレイスタイルを発見出来るかもしれません。



◆Takamine〈タカミネ〉エレアコギター T-Series
〈ティーシリーズ〉T-E14/STB

タカミネのエレアコは、結構チューナが付いていますので、チューナをあえて買う必要がないのがいいですね(o^ ^o)
この価格でもチューナが付いているなんて最高ですね〜!!



◆YAMAHA《ヤマハ》エレクトリック・アコースティックギター
CPX700/BL(CPX-700)

YAMAHAの品番の数字「700」は値段のランクを表していますので、このギターはかなり安く出してあるようですね。
ソフトケースしか付いていないので、ハードケース分プラスして下さいね〜(^_^;

ちなみに、私はこのクラスより少し上の同じようなタイプを使っていますが、弾きやすくていいですよ〜!!

新開発のA.R.T.ピックアップシステムを搭載。
ピエゾタイプのピックアップでは避け難いとされてきた独特の癖のあるサウンドを改善し、極めてピュアなアコースティックサウンドの再現を可能にしました。



◆YAMAHA SLG-100S NAT サイレントギター(スチール弦仕様)

消音で弾けるタイプですね。ヘッドフォンを付ければしっかり音は聴こえます。
また、アンプやCDプレーヤーに接続すればアンサンブル演奏が可能。
はじめて買うタイプではないとは思いますが、こんなギターもあるってことで(^_^;




◆FERNANDES フェルナンデスRSA-60/BS

フェルナンデスは、エレキギター、ベースギターのメーカーなので、エレキギターの延長線上にあるセミアコを作っているんでしょうね。ちょっと弾いてみたい感じですね。

フェルナンデスから新たに投入されたセミアコースティックギター
定番のES-335タイプです。この価格帯とはとても思えない丁寧なつくりです。
バックに写っているハードケースも付属いたします。
こちらも非常に高級感のあるハードケースです。
カラーは定番のブラウンサンバースト。

セミアコースティックギターは、ブルース系の音を求めるときによく使われているようです。アコースティックギターではでない音が魅力ですね。



◆HEADWAYユニバース 
エレクトリック・アコースティックギター TF-1000S

ハードケース付き!!

SHADOW社製ピエゾピックアップ搭載のエレクトリック・アコースティック。9V駆動の内臓プリアンプにより手軽にバランスの良い音色を出力する事が出来ます。
マホガニーサイド、バックの暖かな音色にトップにスプルースを採用する事でよりワイドレンジなサウンドを引き出します。
ヘッドのトーチインレイやバインディングなど装飾も美しいです。



◆APPLAUSE アプローズ AE148-5 エレアコ

バックが木製でないギターで有名な「オベーション」と同じような作り、デザインですね。
「オベーション」のように、生音もいいし、アンプを通しての音がいいのではないでしょうかね?
オベーション直系のアプローズ。
スプルース・トップにスーパーシャロウボウル・カッタウェイで演奏性抜群。
5ピースエポーレットのスタイルも大人気です。



◆S.YAIRI ヤイリアコースティックギター エレアコ YE45

デザイン的にはエレアコのような感じですが、アコギのようですね。



◆Morris【モーリス】 アコースティックギター M-12

トップが単板のタイプですね〜
やっぱり、単板の方が音がいいですよね〜!!

このクラスで初めてトップ材に単板を使用した、ハイパフォーマンスモデル。
価格は低価格ながら、上位機種と同等のスペックを持つモデルです。



banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

ギター@5万円〜10万円くらいのギター

このくらいのクラスになると、十分に満足できるギターが現れてきますね〜(o^ ^o)
ハードケースも付いているタイプも増えてきますね。

海外メーカーのモノも出てきますね〜!!


◆GUILD〈ギルド〉アコースティックギターGAD-40CE

ギルドは、昔「マーティン」「ギブソン」と並んで3大メーカーとして言われていましたが、90年代にフェンダー社の傘下に入ってしまいましたが、私の愛器はギルドで大好きな音を奏でてくれます(^^)v
これは、エレアコですね。



◆HEADWAYユニバースアコースティックギター
HCF-500RC ハードケース付き!!

ローズウッドSIDE&BACK、イングルマン・スプルースTOPのオール単板カッタウェイ・シェイプ。
ローズウッドの単板材が奏でる力強く繊細な音色とカッタウェイシェイプの高い演奏性を実現しました。
オールソリッドボディーの上質な音色をお楽しみ下さい。
フィンガースタイルにもばっちりです!!



◆GARRISON ギャリソン G-40
ハードケース付きです。

ギャリソンってあまり聞かなかったのですが、知り合いが持ってまして結構鳴ってました。
オーソドックスな形が好きな方には、選択肢の一つに加えてもらっていいかと思います。

革新的な骨組みを持ったアコースティックギター
バズ・フェイトン・チューニングシステムを搭載。
ボディトップにはグロスフィニッシュのイングルマン・スプルース単板、
サイドとバックにはサテンフィニッシュのマホガニー単板を、そして指板とブリッジに
ローズウッドを使用したアコースティックギターです。



◆ヤマハ Yamaha LL16

ヤマハのジャンボタイプは、私の愛器と同じですね〜
私の愛器は、1974年より少し前のタイプですが形状はよく似てます(^^)v

1974年に登場して30周年。ヤマハアコースティックギターの高級モデルとして多くのギタリストに愛され続けてきた伝統の「Lシリーズ」がラインナップを一新します。
新しい「Lシリーズ」は、最高級の手工モデル「LL86 CUSTOM」を頂点に、6つのグレードをラインナップ。



◆Takamine エレアコ PTU-111-12

今回初めて紹介の12弦ギターですね。
ネックが太いの弾きにくいから初心者の方にはお勧めできませんが(^_^;

12弦アコースティックギター
タカミネ・エレアコのベーシックスタイル100シリーズ。
スティール弦の全モデルに630mmショートスケールを採用。
各フレット間の距離が近くなる事に加え弦のテンションも若干軽減され、コンパクトな
ボディと併せて、優れたプレイアビリティーを提供します。



◆Takamine≪タカミネ≫PTU-510
エレアコ

アコースティックギターのデザインに新たな方向性を切り開いたサンタフェ・シリーズに採用されて以来、国内外を問わず多くのギタリストに支持されているタカミネ・オリジナルのボディスタイルを持つ500シリーズ。



◆ OVATION オベーション エレアコ CC28

このあたりになると、オベーションも出てきますね〜(o^ ^o)
友人のオベーションは、アンプを通すと凄い音を出します!
オベーションは、その良いイメージがあります(^^)v

オベーション・セレブリティーモデル!
アバロン貝のサウンドホール・インレイ&ポジションマークが、高級感溢れるルックスに仕上がっています。
スーパー・シャロウ・ボディーでハウリングにも強く、操作性も抜群です。



◆K.Yairi ヤイリ AY-45

S.ヤイリと混同しそうですが、違うメーカーとして考えてくださいね。
K.ヤイリはこのあたりから出てきます(^^)v

アコースティックギターの入門モデルとしてお勧めのAY-45はK.ヤイリのU.S.AブランドAlvarez Yairiのモデルで、国産アコースティックギターの代表的存在であるK.ヤイリのマインドがそのまま生きるコストパフォーマンスに優れたお買い得なモデルです。K.ヤイリの期限無しの保証は、まさにユーザー思いのクラフトマンシップの証です。



◆S.YAIRI ヤイリアコースティックギターYO90

こちらが、S.ヤイリです。K.ヤイリと社長どうしは兄弟のようですね。
しかし、ギターレベルは、K.ヤイリが上でしょうね(^_^;



◆ESP BambooInn

Char氏がプロデュースした"すべての音楽人のために"のギターです。
デザイン的に面白いですね〜!!
品番末尾
「C」はスチール弦仕様 (フォークギター)
「K」ナイロン弦仕様 (クラシックギター)  




banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!

ギター@10万円〜20万円くらいのギター

ここらの価格帯だったら、もう一生付き合っていけますね〜(^^)v
アコギの2大メーカー「マーチン」「ギブソン」も出てきますね。


◆Martin マーチン D-18

これが、マーチンですね。
形はいたってシンプルというか、フォークギターって感じですね。

D-28と並ぶ代表格モデル!
マホガニー・ボディ、ローズウッド指板、ブリッジから生み出される繊細、かつ極上のトーンバランスが魅力です!



◆Gibson USA J-45 VS

マーティンの次は、ギブソンです〜
本来26万円くらいするようですが、20万円以下で出ていますね〜買い得かも(^^)v

繊細なフィンガー・ピッキングから力強いコード・ストロークまでをカヴァーする温かく豊かなトーン、フィット感の優れたラウンド・ショルダー・ボディ、J-45を中心とするギブソン・ラウンド・ショルダー・アコースティックは“Workhorseー働き馬”と呼ばれ、ジャンルを問わず多くの人々を魅了し続けています。



◆オベーション Ovation U.S.A. 1867LX

従来のオベーションの個性を保ちつつ、よりアコースティックの
方向へと大きくシフトさせたモデル。



◆EASTMAN AR800

見た感じ、ブルースを演るには最高のような感じですね…
ちょっと、ほしいかも(^_^;

1920年代を彷佛させるOval Sound Holeを持つアーチトップ・ギターです。
アーチトップのみが持つハギレのよいサウンドは、オールドタイム・ミュージックに最適で、単音弾きから、コードバッキングまで枯れた独特のサウンドを醸し出します。



◆YAMAHA ヤマハ CJ-32

ビッグボディが生み出すダイナミックで歯切れのよいサウンド。
全音域に渡りバランスよくパワフルに鳴ります。特に中低音は、このサイズならではの深さと重量感のある響きです。
世界のトップアーチスト達に愛されたヤマハCJカスタムの流れを受け継ぐシリーズです。



◆Babicz バビッツ ID-ACMH-06E
エレアコ

私は見たことないメーカーですが、カッコいいギターですね(^_^;

アイデンティティー・シリーズの「Acute(アキュート)ID-ACMH-06E」は、トップに単板のスプルース、サイド&バックには単板のマホガニーを使用したエレクトリック・アコースティックギターです。
L.R.Baggsのアンダーサドル・ピックアップ「Element」とブリッジ・プレート・トランスデューサーの「i Beam」の2種類のピックアップと2つのピックアップをミックスできるプリアンプ「i MIX」を搭載しています。



◆TACOMA タコマ C1C Chief Sunburst
アコースティックギター

タコマもこの価格帯から出てきますね。
ヘッドの先端の形がタコマですね(o^ ^o)

人気のタコマ人気No.1モデル「Chief」にサンバースト・カラーが仲間入り致しました!
B.band E7(アクティブプリアンプシステム/固定式EQ)を搭載し、トップの弦振動のみならず、ボディー内部の反響音も再現するエアー感溢れるサウンドが魅力です!
独自のボルトオン構造による独特の鳴りも魅力ですね!



◆TACOMA タコマ EM9CE6

綺麗なフォルムのギターですね〜私好みです(^^)v

話題のTACOMA最新アイテム!
こちらはピックアップを標準装備し生鳴りを重視したエレアコ”9”シリーズです。
オール単板のカッタウェイ・スタイルで、生音&操作性共に楽しめるオススメの1本です。
勿論エレアコ時のサウンド面に関しましても、タコマ・オリジナルL.R.Baggs製「E6」プリアンプによりアコースティック感溢れるサウンドが得られます!



◆Godin ゴダン DUET Steel iBEAM

いかなる状況下においても理想的な生ギターの響きをアウトプットするエレアコ、それがDuetです。
その名の通り、このモデルにはふたつのピックアップが搭載されており、ひとつはブリッジしたのピエゾ(L.R.BAGGS製カスタム・ピエゾ)、もうひとつがボディ・トップ裏側に設置されたおなじくL.R.BAGGS製iBEAM。
弦振動を音に変える一般的な手法と、ボディ・トップの振動を音に変えることによりふくよかで奥行きのあるサウンドを構築するという技術を融合し、そのブレンド具合をコントロールすることによってクリアでナチュラルなトーンを導き出します。
シチュエーションによって音抜けの調整もつけられるというわけです。
ノッチコントロールによる音質劣化の無いハウリング抑制機能も効果的で、ライブ、スタジオ等大音量でも大いにプレイに専念出来ることでしょう。



◆Morris アコースティックギター S-102

モーリスのエレアコです。

フィンガーピッキングに特化し、すべてのポジションでの弾きやすさと音のバランスを追求したシリーズ。
ゆとりの弦ピッチが滑らかなフィンガリングを可能にし、美しく切り込まれたカッタウェイが、ハイポジションでのスムーズな演奏性をもたらします。



◆Takamine エレアコ
DSP-022AF

独特のデザインが印象的ですね〜!

タカミネのエレアコの中で最も大きなボディの000シリーズです。
その迫力ある鳴りと魅力的なルックスは、以前からロック
ブルース系のギタリストからも支持されています。



banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


ギター@20万円〜のギター

クオリティも最高!間違いなく一生ものです!
どのギターを選ぶかは自分の好みですから、好きなタイプで好きな音を出してくれるギターを選びましょう!!!


◆MARTIN D-45

アコースティックギターの最高峰ですね。憧れのギターです。
一度緊張しまくりで弾かせてもらったことがありますが、「凄い!」の一言です(^_^;
私は、マーチン、ギブソンを特にほしいと思ったことがなのですが、このD-45だけはいつか持ってみたいと思いました(^^)v 夢のまた夢ですがね…

マーティン・ギターの品番は頭のアルファベットがサイズを表し、後の数字がデザインと使用材料を表す。
"45"という番号は、最高の材料で技術を使って作ったという証でもある。"45"という番号を冠すにふさわしい素材がない場合、決してそのモデルが作られることはない。
D-45は、文字通りマーティンドレッドノートの最高峰である。全ての面で最高の素材を使って作られ、製造工程における品質チェックも他のモデルに比べ一段と厳しいものになる。
したがって、作られる数も非常に少ないモデルです。

●ボディスタイル:14フレット・ドレッドノートスタイル 
●表板:スプルース単板 
●側板:ローズウッド単板 
●裏板:ローズウッド単板 
●指板&ブリッジ:エボニー 
●ナット幅:1-11/16" 
●スケール:25.4" 
●フレット数:20 
●ハードケース付属



◆MARTIN 00028EC

マーチンの中でも人気のある機種です。

00028ECはエリック・クラプトン・シグネイチャー・モデルの第2弾として1996年に発表された。
第1弾の00042ECが46台しか作らなかったリミテッドエディションに対し、この"28"は、通常のヴィンテージシリーズとして製造されている。スケールは000だがネック幅はOMと同じでナット幅が1.6mm広くなる。
ボディートップトリム同様、ロゼットにもヘリンボーンが採用され、指板の20フレット目に彼のサインが入った非常に格調の高いモデルです。

●ボディスタイル:14フレット・トリプルオースタイル 
●表板:スプルース単板 
●ピックガード:鼈甲柄 
●側板:ローズウッド単板 
●裏板:ローズウッド単板 
●指板&ブリッジ:エボニー 
●バインディング:ヘリンボーン 
●ナット幅:1-3/4" 
●スケール:24.9'' 
●フレット数:20 
●ハードケース付属



◆Gibson J-185 ALL KOA

2006 年Tokyo Guitar Show 出展モデル。
1951年から1958年の短期間にわずか1000台弱しか生産されず、隠れた名器と呼ばれるJ-185.単なるJ-200の縮小版ではなく、伝統的なJ-200トーンとストロークもフィンガーピッキングもこなせるプレイヤびりティーとを併せ持った名器として根強い人気をもっています。
またヴィンテージ市場ではその希少性より非常に高価でやりとりされています。
今回そのJ-185をベースに、レン・ファーガャ唐ェ厳選したハワイアン・コア材を贅沢に使用したJ-185 ALL KOA が実現しました。
フィンガーボードにはハンド・エングレイブド・インレイを施し、目を見張るばかりの美しさとそのトーンはまさに”One of a kind”〜一本物〜です!!



◆GIBSON HUMMING BIRD(ハミングバード)

ギブソンのハミングバードは、覚えておいてくださいね〜
もっと上位機種もありますよ〜!

60年代の特徴的なピックガードを再現したハミングバード。
その美しさと品質は市場に出回っているどのスクエアショルダーにも決してひけをとらないものです。
力強さ、荒っぽさ、ソフトさ、そしてスィートさ、幅広いサウンドで個性を発揮します。コードを弾くだけの簡単な伴奏から、複雑なソロまで、どんな演奏にもフィットします。



◆TSK T-3

坂崎さんとテリー中本氏との夢のコラボレイトギター、TSKの2005年10月発売予定の新作です。
テーマはエレアコではなく、両氏の独自のアイデアを注ぎ込んだ純粋なアコースティックギターです。
同時期発売予定のK-3との違いはボディー形状とボディー厚で、K-3に比べボディー厚が5mm厚くなっております。TSK-1〜5のエレアコ仕様とは違った設計で、生の鳴りを追及したモデルです。



◆TAKAMINE DSP-555 VTS

アコースティックギターのデザインに新たな方向性を切り開いたサンタフェ・シリーズに採用されて以来、国内外を問わず多くのギタリストに支持されているタカミネ・オリジナルのボディスタイルを持つ500シリーズ。
エレアコとしてのプレイアビリティーと豊かな生鳴り、バランスに優れたトーンは、全てのエレアコの基準とさえ言えるでしょう。



◆TACOMA ECM28C

人気のタコマ最新モデル「ECM28C」!
最も要望の多かったシダー/マホガニーBODYにグロスフィニッシュ仕様です!
サウンドホール&ポジションマークのアバロン装飾も美しく、そのサウンドはフィンガーピッキング派のギタリストにも納得の完成度!待望の入荷ですのでお見逃しなく!



◆Yamaha LJ36

1974年に登場して30周年。ヤマハアコースティックギターの高級モデルとして多くのギタリストに愛され続けてきた伝統の「Lシリーズ」がラインナップを一新します。
新しい「Lシリーズ」は、最高級の手工モデル「LL86 CUSTOM」を頂点に、6つのグレードをラインナップ。さらに、ジャンボタイプのLLボディに加えてフォークタイプのLSボディ、ミディアムジャンボタイプのLJボディといった多彩なキャラクターでシリーズが構成されます。
イングルマンスプルースとローズウッドの組み合わせによる特色を前面に押し出し、素材の選定と吟味、ブレーシングの見直しなど、基本設計にまで立ち返って数々の新技術を採用。
日本国内で製造する「HANDCRAFTED MODEL」では、高度な木工・塗装技術と、熟練の職人による研ぎ澄まされた技能を融合し、細部に至るまで極めて美しい外観を実現しています。
30年にわたって熟成された伝統の音と演奏性に、さらに磨きをかけた新しい「Lシリーズ」を、ぜひ手にとって体感してください。



◆Ovation 1769AD2-5

クロスオーバー系速弾きギタリストとして、その実力はだれもが認める”アルディメオラ”シグネーチャーモデルです。
シトカスプルーストップ”AAA”!OP−Proプリアンプ搭載です。



◆Cole Clark コール・クラーク FL2A LTD
(Klynli/Blackwood)

全世界のアコースティックギターメーカーが注目する最高水準のコストパフォーマンスで、今やオーストラリアのトレードマークとなっているギター・ブランドです。コチラはクリンキー/ブラックウッドBODYの限定仕様ですのでお見逃し無く!



◆GUILD ギルド F-50R

会社設立とほぼ同時の1954年に発表され、ギルドの代名詞とまで云われた、独特のボディースタイルを持つFシリーズ。
深みがありパワフルながらも、トレブリーで透明感溢れるサウンドを生み出す。
こちらはジャンボ・ボディーにローズウッド・サイド&バックを採用した「F-50R」。ギルドの技術を集約したモデルです



◆GRETCH HOLLOW-BODY Country Classic - 6122-62

フィードバックを抑えるためシュミレイテッドfホールと呼ばれる、ペイントのfホールとグローバー・マシンヘッドを搭載したシングルカッタウェイ1958年リイシュー・モデル「6122-58」。
fホール付きのダブル・カッタウェイ・モデル「6122」。
スタンバイ(ミュート)・スイッチを搭載し、シュミレイテッドfホールのダブル・カッタウェイ1962年リイシュー・モデル「6122-62」。
fホール付きシングル・カッタウェイ・モデル「6122S」。
スモールボディ・サイズの「6122JR」。



◆EASTMAN AR804C

ネックのハイポジションが、F-HOLE JAZZ GUITARのように浮かせたSuspended Neckのモデル。
Cはカッタウェイの意味です。このネックの仕込みにより、サウンドが歯切れよく鳴り、単音、コードバッキング等においてJAZZ風味が増します。





banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!