ギター@弦のメーカーと種類

アコギのメーカーを紹介していきましょう。
の太さの表記は、弦の種類を参照して下さい。
メーカーによって、ゲージの表現が異なりますが、の太さの比較で理解できると思います。
また、同じメーカーの製品が全て同じ値段であるかどうかは確かではありませんので、それぞれのお店で確認してください。



◆MARTIN マーチン

ご存知最高峰のギターメーカーマーチンの弦ですが、値段的には購入しやすい価格です。


・エクストラライト : 010 014 023 030 039 047
・カスタムライト  : 011 015 023 032 042 052
・ライト      : 012 016 025 032 042 054
・ミディアム    : 013 017 026 035 045 056
・ブルーグラス   : 012 016 025 035 045 056
・コンパウンド   :0115 014 023 028 038 047

 



◆DADDARIO ダダリオ

私は、主にダダリオを使っています。いい音しますよ〜(^^)v
ダダリオは80/20ブロンズ(ブラス)弦に関してもパイオニアです。
明るく歯切れのよいサウンドによって、多くのプロミュージシャン達にステージやスタジオを問わず使用されています。


・エクストラライト  :010 014 023 030 039 047
・カスタムライト   :011 015 022 032 042 052
・ライト       :012 016 024 032 042 053
・ミディアム     :013 017 026 035 045 056
・ヘビー       :014 018 027 039 049 059


 



◆Guild ギルド

ギターメーカーギルドの弦です

・エクストラライト   :010 014 023 030 039 047
・ライト        :012 016 024 032 042 053
・ミディアム      :013 017 026 035 045 056





◆adamas アダマス


・エクストラライト        :010 014 023 030 038 047
・コンポジット・ライト      :011 014 022 030 036 046
・ライト             :012 015 023 032 044 053
・コンポジット・ミディアムライト :012 015 025 034 044 054
・ミディアム           :013 016 025 035 047 056
・コンポジット・ミディアム    :013 017 026 038 048 058
・シルク&スティール ライト    :011 014 023 031 041 051





◆KYSER カイザー


・(未調査) :010 014 022 028 038 048
・(未調査) :011 015 023 030 040 050
・(未調査) :012 016 024 032 042 052





◆SIT STRINGS エスアイティストリングス


・エクストラライト  :010 014 020 030 036 048
・プロライト     :011 014 022 030 036 050
・ライト       :012 016 025 032 042 054
・ミディアム     :013 017 026 036 046 056


 



◆adamas アダマス


・エクストラライト        :010 014 023 030 038 047
・コンポジット・ライト      :011 014 022 030 036 046
・ライト             :012 015 023 032 044 053
・コンポジット・ミディアムライト :012 015 025 034 044 054
・ミディアム           :013 016 025 035 047 056
・コンポジット・ミディアム    :013 017 026 038 048 058
・シルク&スティール ライト   :011 014 023 031 041 051





◆タカミネ

ギターメーカータカミネの弦です。

・エクストラライト  :010 014 023 030 039 047
・エクストラライト  :010 014 022 030 036 048
・ライト       :012 016 024 033 042 052
・ライト       :012 016 025 033 044 054
・ミディアム     :013 017 026 036 048 058





◆GHS ガス VINTAGE BRONZE


・ウルトラライト       :010 0135 020 026 036 046
・エクストラライト      :011 014 020 026 036 048
・トゥルーライト       :012 015 022 030 038 050
・ライト           :012 016 024 032 042 054
・トゥルーミディアム     :013 017 024 032 042 056
・ミディアム         :013 017 026 036 046 056
・ヘビー           :014 018 028 038 048 058
・ブルーグラス        :012 016 026 036 046 056
・ライト・コンパウンド    :010 013 020 026 034 042
・ミディアム・コンパウンド  :011 014 022 028 038 048
・ミディアムLT・コンパウンド :012 016 024 032 042 054


 



◆DAQUISTO(ダキスト)


・(未調査)  :010 014 022 028 038 048
・(未調査)  :011 015 023 030 040 050
・ライト   :012 016 024 032 042 052
・(未調査)  :012 016 025 032 042 053
・(未調査)  :013 017 026 036 046 058
・(未調査)  :013 017 026 035 045 0






◆ERNIE BALL(アーニーボール)Rock & Blues


・エクストラライト  :010 014 020 028 040 050
・ライト       :011 015 022 030 042 052
・ミディアムライト  :012 016 024 032 044 054
・ミディアム     :013 017 026 034 046 056
・ロック&ブルース  :010 013 017 030 042 052
・エクストラソフト  :010 014 020 028 040 050
・ソフト       :011 015 022 030 042 052
・レギュラー     :013 017 026 034 046 056


 



◆S.Yairi SY1000XL

ギターメーカーS.ヤイリの弦です。


・エクストラライト: 011 015 023 030 040 050
・ライト     : 012 016 024 032 042 052




●弦の関連リンクはこちらへ

●ギター@弦の張り方

●ギター@弦を巻く方向

●ギター@弦の交換時期は?

●ギター@弦の種類

●ギター@弦の手入れ




banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


ギター@弦の手入れ!

●弦用のクリーナー(ストリング・クリーナー)

潤滑剤でとして弦を拭きます!指のすべりがよくなって弾きやすくなります。そして、も長持ちしますよ〜!
弦の伸びてしまうのには効果はありませんから、の音が悪くなったなと思ったらの交換をしましょう!
普通、1ヶ月に1回交換するのがいいとは書いてありますが、練習する際にはそんなに頻繁に替えなくても…と思ってます(^_^;


●フィンガー・ボードのメンテナンス

油拭きをします。乾燥すると割れたりすることがあるので、の交換時に油を塗ってあげましょう!(o^ ^o)


◆PEAVEY ピーヴィー SCLEANER

・ストリング・クリーナー
・ギターやベースのの汚れ、油を取り除きます
・弦を演奏後の汗による錆から守ります。弦も長持ちし経済的!




◆Royal Oak all purposes cleaner





◆DELUXE CARE PACK

ギターのメンテナンスのセットです。

・レモンオイル
・ポリッシュ
・ストリングクリーナー




◆Jim Dunlop Guitar care kit

お買い得5本セット!!これだけあれば、ギターのメンテナンスはOKですね(^^)v

654 ポリッシュ (Formula No. 65 Polish & Cleaner) 4 OZ
ギターの汚れをすばやく拭き取り、どんなフィニッシュでも本来の光沢に戻します。極薄の皮膜が表面を保護しますが、蓄積して積み重なることはありません。ポンプ式。

6574 カルナバワックス (Bodygloss 65)
ハイグレードのカルナバ・ワックス(ブラジルロウヤシ)です。小さなクラックを隠し、艶を出し美しく仕上げてくれます。薄い膜が湿気と汚れから本体を保護します。

6582 ストリング・コンディショナー (Ultraglide 65) 2oz
弦を錆と汚れから守り、使用時間を延ばします。弦の表面を滑らかにし、擦弦音を減らしくれます。

6524 フィンガーボードクリーナー (01 Fingerboard Cleaner & Prep) 4oz
指板の木とフレットに詰まった汚れを拭き取り、本来のトーンを取り戻してくれます。指板の手入れの1ステップ目です。

6532 フィンガーボード・コンディショナー (02 Fingerboard Deep Conditioner) 4oz
木に適当なオイルバランスを持たせ、変形や割れを防ぎます。薄い保護膜をつくり、木に光沢を持たせます。指板の手入れの2ステップ目です。




●弦の関連リンクはこちらへ


●ギター@弦の張り方

●ギター@弦を巻く方向

●ギター@弦の交換時期は?

●ギター@弦の種類

●ギター@弦のメーカーと種類


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


ギター@弦の種類

ギターには、太さがあり太さによって音の種類も違ってきます。
の購入する場合も、自分のプレイスタイルにあったを探して、どのタイプを使うかを研究してみましょう!

●弦の太さ

弦の太さは「ゲージ Garue」という言葉で表します。
メーカーによって表記が違う場合がありますが、一般的に次のような感じになります。
「.010」は、0.01インチの太さということになります。

数字は太さです。左から1弦→6弦となります。

弦                   1弦 2弦 3弦 4弦 5弦 6弦

1.Gagues: Extra Light Gauge  .010, .014, .023, .030, .039, .047

2.Gagues: Light Gauge     .012, .016, .024, .032, .042, .053

3.Gagues: Medium Gauge    .013, .017, .026, .035, .045, .056

弦の太さと音の関係としては、

弦径が大きくなる(太くなる)に従って音質も太く迫力を増していきますが、押弦に必要な力も大きくなってしまいます。
ゲージ選びには音質・プレイアビリティー両面のバランスを考えて選びます。
また弦径が同一の弦であっても材質や製法、メーカーによって、音質・音量、押弦の感じが違ってきますので、いくつかの弦で試して、自分にあったメーカー、弦の太さを決めていきましょう。


私は、主にExtra Light Gaugeの細いものを使っています。
その理由は、
ギターの負荷を軽くしたい
・軟らかい音が好きで、弾きやすい
・指が痛くなりにくい(^_^;
って理由からです。


が硬ければ、ネックを引っ張る力が強くなるので、当然ネックが反る原因になると思っています。
人によっては、ギターはゆるめないって方もいますが、エレキの場合はわかりませんがアコギの場合はおよそネックが反ってますね。

私は、昔ギルド(今の愛器)を買う時に、ネックが柔らかいから必ずをゆるめるようにと楽器店の方に言われたのでこまめにをゆるめています。

おかげで、ゆるめるときによくが切れます。(´Д`;)ガーン

だからゆるめる時は、弦を引っ張りながらゆっくりとゆるめています。
一気にゆるめると…切れますよ(^_^;

今、エレアコのヤマハには、Light Gaugeを使っていますが結構切れないですね。0.02の太さに違いでこんなに違うのかと不思議に思っています…


●弦の関連リンクはこちらへ

●ギター@弦の張り方

●ギター@弦を巻く方向

●ギター@弦の交換時期は?

●ギター@弦の手入れ

●ギター@弦のメーカーと種類


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!






ギター@弦の交換時期は?

ギターには、通常太さが違6本のが必要です。
メーカーや、太さ、材質等に色々な種類があり、音への影響も大きいですね。

アコギとエレキのは違うので注意してくださいね。
間違ってエレキを買うと、アコギ本来の音は出ませんからくれぐれも、アコギ用ってことを確認の上購入しましょう!!


アコギもエレキの弦も

1,2,3弦:プレーン弦(スチールのです)
4,5,6弦:ワウンド弦(スチールにブロンズやニッケルを巻いた


で1セットです。

それで、は切れるまでそのまま使えるかと言うと、そうでもないのです。
ギターにはチューニングをした状態で、40kg〜70kgの張力が常時かかっています。
その張力のために、は徐々に伸びていきそれにしたがって、音にツヤがなくなってきます。
弦が伸びきって音のツヤがなくなり、がダメになった状態を一般的にが死んだ」といいます。
ダメになった弦を好んで使う人も中にはいますが、定期的に交換(個人差あり)するのがベストです。

どれくらいの時間でがダメになるかはかなり個人差があります、毎日何時間も弾く人は汗でサビたり、指の脂が巻(ワウンド弦)に入り込み、がダメになるのが早いです。
逆に、ほとんど弾かない人は、空気中の湿気で自然にがサビたりしてダメになります

を長持ちさせるためには、弾き終わったあと、ギタークロスにフィンガーイースなどの潤滑剤を吹き付けて1本ずつ汚れを取っておけば汚れは取れ、サビの防止になります。
しかし、張力に対するの寿命はあまり変わりませんので、やはり定期的に交換するのがベストです。

プロはかなり頻繁に交換するようですが、普通の使用だったら切れたりサビたりしない限り、1ヶ月に1回くらいの交換で良いと思います。
は、弾いても弾かなくてもは劣化していき音質が落ちてくる、消耗品と思ってください。

でもライブ等、人前で弾く場合は必ず交換するようにしましょう。
いくら良いギターを持っていても、錆び錆びのじゃギターが泣きますよね(^_^;


●弦の関連リンクはこちらへ

●ギター@弦の張り方

●ギター@弦を巻く方向

●ギター@弦の種類

●ギター@弦の手入れ

●ギター@弦のメーカーと種類


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!




ギター@弦を巻く方向

◆弦を巻く方向

ギターを張る時、糸巻きで巻く方向がわからなくなる場合がありますね。
ギターは、下図のように巻いていきます。
そうしないと、弦と糸巻きの関係等がおかしくなってしまいます。

巻く方向がわからなくなたら、と糸巻きの関係を思い出せばOKです!!(o^ ^o)



後、糸巻きに便利な道具として、クルクル回わして、を巻く、ゆるめるができるので、交換がスピーディにできる!ストリングスワインダーがあります。
一つ持っておくと便利ですよ〜!!!(^^)v

◆ヤマハ ストリングスワインダー SW-50
いい音は、こまめなの交換から生まれます。
面倒な弦の張り替え作業もスピーディーに行えるツールです。
ペグタイプの楽器であれば、ギターベースからウクレレ大正琴などまでいろんな楽器で使用できます。
特殊な形状のペグの場合は使用できません。




◆Planet Waves DP0002

あると便利なストリングスワインダー(弦を巻くスピードが大きくアップ)に弦切りカッターを付けたアイデア商品。
ギター用です。



●弦の関連リンクはこちらへ

●ギター@弦の張り方

●ギター@弦の交換時期は?

●ギター@弦の種類

●ギター@弦の手入れ

●ギター@弦のメーカーと種類



役にたったと思ったら↓クリックよろしくね!(^^)v
banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!




ギター@弦の張り方

ギターは、古くなったり、切れたりした時に替えなくてはいけませんね。
じゃないとギターが弾けない…(^_^;

じゃー、はどのようにして替えるのか…
ギター初心者の方は自己流で張っている場合が多いのではないでしょうか??

そこで、基本的な弦の張り方を掲載しておきますね。

◆ブリッジ側
ここで注意しないといけないのが、「サドル」です。
サドルは、固定されていないので、ギターを逆さまなんかにすると落ちてしまいます。
差込のは簡単ですが、左右がわからなくなったりするので、落とさないようにギターを寝かせて作業しましょう!!


弦の順番を間違わないように!!


◆ネック側
糸巻き(ペグ)の量は巻きすぎも少なすぎてもよくないので、図を参照してくださいね

後、余ったを切る切らないか…
余ったを切らずにおいた方がカッコいい!って方もいますが、弦はワイヤーですからあ違って目に入ったりする等の危険がありますから、切ることをお勧めします。
ライブの時だけは、カッコいいから切らずにおこうって言うのは悪くないかもです(o^ ^o)


●弦の関連リンクはこちらへ

●ギター@弦を巻く方向

●ギター@弦の交換時期は?

●ギター@弦の種類

●ギター@弦の手入れ

●ギター@弦のメーカーと種類

役にたったと思ったら↓クリックよろしくね!(^^)v
banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!