ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v



●エピフォン

1970年代、エピフォンの生産拠点は日本に移されて、1982年頃アジア諸国での生産も開始。
ギブソン社直系の廉価版ブランドとしてエピフォン及びギブソン社のギターやエレクトリックベースを主に韓国で生産する「エピフォン」、日本で生産する「エピフォン・エリーティスト」の2つのブランドが存在する。


エピフォンのウィンドウショッピングはココから(^^)v




●S.ヤイリ

求めやすい価格帯のギターです。
S.ヤイリとK.ヤイリの関係につきましては、兄弟とかそうでないとか色々あるとうですが、私はわかりませんm(_ _)m


S.ヤイリのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

ギター@メーカー:ギルド、オベーション

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ヤマハ、タカミ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

ギター@メーカー:ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v



●K.ヤイリ


非常にモデル数が多く、デザイン、形状、使用材もバリエーションに富んでいます。
製品の外観・雰囲気、根底に流れるものも、どこかしら「和」を感じさせるものが多い。
比較的安価でカスタムオーダーも可能。



K.ヤイリのウィンドウショッピングはココから(^^)v




●ヘッドウェイ

エレキギター及びベース関連事業を基盤とする(株)ディバイザーのアコースティックギターブランド。
普及価格帯製品の多い時代が続いたが、近年ではハイクオリティで独自の拘りを持ったフラッグシップモデルに注目が集まっています。


ヘッドウェイのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

ギター@メーカー:ギルド、オベーション

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ヤマハ、タカミ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

ギター@メーカー:ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!



ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v



●ギャリソン

外観はオーソドックスなものだが、従来のブレイシング工法を敢えて排し、ボディの骨格の様な形状のシングルピース・ブレイシングシステムを採用した革新的ギター制作が特徴。
ラインナップ中、ボディ材にバーチを使用するモデルが多いのも特徴的。


ギャリソンのウィンドウショッピングはココから(^^)v




●モーリス

70年代後半には「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない」のコピーで普及価格帯ギターの雄だったメーカー。
現在では非常に多彩だったラインナップも整理され、フィンガーピッキングに特化した仕様のSシリーズが製品の柱になっています。


モーリスのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

ギター@メーカー:ギルド、オベーション

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ヤマハ、タカミ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!



ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v



●タコマ


ペイズリー型サウンドホールと独自のブレイシング形状・配置のチーフシリーズで一躍名を馳せたシアトルのメーカーです。
通常のドレッドノートタイプにも低音弦側を広い形状にしたユニークなブリッジを採用する等、音響工学に基いた革新的アイデアが特徴です。
一部モデルにはボルトオン形式のネックジョイントも採用されています。
比較的薄めのネックでプレイアビリティに優れたモデルも多いですね。


タコマのウィンドウショッピングはココから(^^)v




コリンズ

古き良き時代のアメリカン・アコースティックギターの持つ上質なトーンを現代に甦らせたメーカー。
マーティン社ドレッドノート系の「D2H」やオーケストラモデル系の「OM2H」等の機種に人気が集まっているが、ギブソン社スモールジャンボ系の「SJ」や同社L00系の「C」シリーズ、アーチトップギターもラインナップする。


コリンズのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

ギター@メーカー:ギルド、オベーション

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ヤマハ、タカミ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

ギター@メーカー:ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


ギター@メーカー:ギルド、オベーション

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v



●ギルド

往時はマーティンギブソンと並んでアコースティックギター
界の御三家と呼ばれる程のメーカーギルドだったが、90年代半ばにフェンダー社傘下に入る前後から昔日の勢いは薄れてしまいました。
以前はストローク系に好相性の歯切れ良くワイルドな音のジャンボ系と12弦ギターで知られていました。


ギルドのウィンドウショッピングはココから(^^)v



●オベーション

エレクトリック・アコースティックギターの一大ムーブメントを興した異色のメーカー。
樹脂一体形成のラウンドバックボディや表板へのカーボンファイバー使用、サウンドホールに特異な形状のエポーレットを採用する等、ユニークな発想が随所に活かされています。

◆基本的な構造

基本的な構造は一般的なアコースティックギターと類似していますが、バックの素材が木材ではないのが最も特長的です。
「リラコード」を球状に加工したバックグラウンド構造が多くのエレアコで採用されています。
同じく、カーボンファイバーの間に樺材が挟まれた「ファイブロニック・サウンドボード」がトップに使用されたものも多いですね。

またハウリングを抑えるためにあえて「鳴り」を悪くしている場合も多いとか…。



オベーションのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ヤマハ、タカミ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

ギター@メーカー:ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ


banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!



ギター@メーカー:ヤマハ、タカミネ

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v


●ヤマハ


ご存知の日本のメーカーです(o^ ^o)

世界でも有数の規模を誇るメーカーであり、アコースティックギター以外にも様々な楽器を製造しています。
主としてピアノ製作で培った木材使用・木工技術のノウハウを活かし、輸入楽器とは一線を画した独自のギターサウンドを追及しています。
入門用から贅沢なカスタムモデルまでラインナップも非常に幅広く揃っています。

私の愛器もYAMAHAです。



ヤマハのウィンドウショッピングはココから(^^)v




●タカミネ

日本製エレクトリック・アコースティックギター製造の草分的メーカーです。
国内よりも海外での評価が高く、多くの海外アーティストがエンドーサーとして名を連ねる。
カッタウェイの施されたオリジナル・ジャンボタイプのボディ形状とヘッドが特徴的です。
近年発表の「DSP」プリアンプ搭載モデルは、その多機能さと使い勝手の良さ、優れた音質で評価が高いですね〜

結構安価な製品にも、チューナーが付いているのでとっても便利ですよ!




タカミネのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

ギター@メーカー:ギルド、オベーション

ギター@メーカー:ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

ギター@メーカー:ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ





banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!


ギター@メーカー:マーチン、ギブソン

色々なメーカーの色々なギターをウィンドウショッピング気分で眺めてみませんか?
メーカーによって個性あるデザインを楽しんでみるのもいいもんですよ!(o^ ^o)
また、知ってるようでも、以外は発見があるかも知れません!(^^)v



●マーチン


マーチンマーティンとも言いますがどちらでも良いようです。
アコースティックギターの元祖とも云えるアコースティックギターの最高峰のメーカーといえます。
近年では1930〜40年代の黄金期の仕様を復活させた「ゴールデン・エラ」シリーズや「ヴィンテージ」シリーズの人気が高いが、「スタンダード」シリーズにも根強いファンが多い。

◆モデル名
各シリーズには使用する木材や装飾の違いにより18、28、45等のコードネーム(スタイル18等と呼ぶ)がつけられています。
例えば000シリーズのスタイル18であれば000-18、Dシリーズのスタイル28はD-28という品番が付けられています。


マーチンのウィンドウショッピングはココから(^^)v




●ギブソン

マーティン社同様、アコースティックギターの歴史を創造してきたメーカーです。
骨太なサウンドキャラクターと個性的なルックスで古くからロック系アーティストに愛用されてきました。
ブルース好きのフィンガーピッカーにはスモールサイズのLシリーズの評判も高いですね。

ギブソンのウィンドウショッピングはココから(^^)v




ギター@メーカー:ギルド、オベーション

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ヤマハ、タカミ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:タコマ、コリンズ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:ギャリソン、モーリス

ギター@メーカー:ギター@メーカー:K.ヤイリ、ヘッドウェイ

ギター@メーカー:ギター@メーカー:エピフォン、S.ヤイリ



banner_03.gif
<ブログランキングに参加しています!