長渕剛も愛用!タカミネのジャンボボディーギター

長渕剛も愛用!タカミネのジャンボボディーギター


久々にギターを紹介します!

タカミネのTDP-012/SAS/



今回、お店で試奏してみた感じがとてもよかったので紹介します。
まず、ボディがジャンボをいうことで、生での音はかなりグッドです!!
私のように古いヤツは、エレアコだとどうしても生音がものたりないって感じがありますが、このタカミネについては「いいじゃな〜い」って思いましたね。

どうしても生音は、ボディサイズが影響するようなのですね〜(^v^)v


そして、アンプにつないでもいい音がするんですね。なんか、アコースティックギターらしいナチュラルな音がするんですよね。
店長に確認してみると、真空管を使っているとか…

確かに、音も違うように思うし、アンプに接続して音が出るまでの時間が真空管って実感できます(^v^)v
おまけに、ピックアップは、高音、低音を分けて2つ入っているとか…
いいですね〜!!!

もともと、エレキが中心な方はアコースティックギターの生音の感じよりもエレキっぽい音を好まれる傾向があるように思いますが、アコースティックギターをアンプに通して音だししてもアコースティックギターの音がするというのが、アコースティックギターファンが求めるところじゃないでしょうかね?
その点から言えば十分に合格だと思いました。

こんか感じで良いギターといえば、すぐに数十万円してしまうのですが、このタカミネのモデルは定価で13万円弱とかです。

スペックと音と使い勝手からいうとかなりお得感がありますね。

ジャンボボディが苦手と言われるとなんとも難しいのですが、私の感覚ではそれほど抱えにくいって感じではなかったですよ。


もし、ギター選びに迷っている方がいらっしゃればお勧めです!
ぜひ、選択肢の一つに加えて下さいな!


●ショップからの情報

長渕剛をはじめ多くのミュージシャンも愛用するタカミネのジャンボボディーギターです。
ジャンボならではの豊かな鳴りは生音、ラインを問わずボリューム感がありダイナミックなサウンドを約束します。

搭載プリアンプはTDP。真空管(12AU7)を搭載した画期的なギターマウント型プリアンプです。
真空管独特のマイルドで倍音豊かなサウンドが特徴です。

TOP=SOLID CEDAR
BACK&SIDE=ROSEWOOD
NECK=MAHOGANY
FINGERBOARD=ROSEWOOD

●プリアンプ:TDP(CTP-1)
CONTROL FUNCTIONS=VOLUME/ LOW/ MID /HIGH/ TUBE DRIVE/FREQUENCY/ AUX PU LEVEL
SWITCH= TUNER POWER ON-OFF (with MUTE)/
TUNER PITCH CHANGE
●カラー:SAS(SATIN ANTIQUE SUNBURST)

定価126000円(税込み)